排水ポンプの故障!専門家に聞く修理と交換の判断基準

アバター

ミズのホットライン鈴木

年間訪問件数は約500件。水道緊急業界20年の経験があります。 関連保有資格は給水装置工事主任技術者、排水設備工事責任技術者、管工事施工管理技士など。ご相談は0120-861-688またはLINEから

この記事では、排水ポンプが故障した際の初期対応から、修理や交換の判断基準、新しいポンプの選び方と交換について詳しく説明します。

水道修理お申し込みフォーム

排水ポンプが故障したときの初期対応

排水ポンプとは、排水槽(排水が溜まる水槽)に溜まった汚水や生活排水、湧水(雨水)などの排水を汲み上げ、下水に排出する役割を果たしています。

排水ポンプの不具合により排水槽からの排出が滞ることで、日常生活の排水ができなくなるなど大きな問題が発生します。槽内の排水が溢れ、地下の部屋が水浸しになってしまったという事例もありました。

ここでは、排水ポンプの故障の兆しを見極める方法と、緊急時に自分でできる対処法について解説します。

故障の兆しを見極める方法

排水ポンプの故障にはポンプから異音が聞こえる、排水の速度が著しく低下する、またはまったく排水されないなどのわかりやすいサインがあります。

異音の原因としては、ポンプ内部の摩耗やコイル焼けなどが考えられ、排水速度の問題は経年劣化や何らかの原因によるポンプの能力不足によって引き起こされます。

これらの兆しを見落とさないためには、日常的にポンプの動作音を注意深く聞き、排水の流れをチェックすることが大切です。異常が見られた場合は、すぐに専門家に相談するか、次のステップに進んでください。

緊急時に自分でできる対処法

排水ポンプの故障が疑われる場合、簡単な対処法を試すことができます。

まず、ポンプのプラグ(コンセント)を抜いて電源を切る、またはポンプの電源ブレーカーを落とします。数分間待った後に再び電源を入れてリセットを試みます。

エラーコードやランプなどで異常が表示される制御盤を設置してある場合は、表示を確認し取扱説明書の指示に従って対応して下さい。

それで問題が解決しない場合は、ポンプの更なる点検が必要かもしれません。自分で対処が難しい場合は、プロの技術者に依頼してください。安全を最優先に考え、電気系統の取り扱いも含め専門家に任せるのが賢明です。

修理と交換の判断基準

排水ポンプの故障に直面した時、修理するか交換するかの判断は重要な問題です。

この判断には、コスト、持続性、そして緊急性を考慮する必要があります。以下に、修理が適切なケースとその理由、また交換を検討すべき状況とそのメリットを解説します。

修理が適切なケースとその理由

排水ポンプの修理は、比較的新しく、まだ長期間の使用が見込まれる場合や、故障の原因が明確で簡単に修正できる場合に適しています。メーカーや専門業者へご相談下さい。

交換を検討すべき状況とそのメリット

一方で、長年にわたり使用している、排水ポンプの不具合が頻繁に起きる、または修理のコストが新品を購入するコストに近づく場合は、ポンプの交換を検討すべきです。

古いモデルのポンプを使用している場合、新しいモデルに交換することで使用電力などの長期的なコストが削減される可能性があります。また、新しい技術はより静かで効率的な運転が期待でき、信頼性が高まります。

交換を決定した場合の選び方と手順

排水ポンプの交換を決定した場合、新しい排水ポンプを選ぶ基準と交換手順について詳しく説明します。

新しい排水ポンプの選び方

新しい排水ポンプを選ぶ際には、まず現在のポンプの型番と仕様を確認してください。ポンプの交換に際して同等またはそれ以上の性能を持つモデルが選ぶ際の基準となります。

また、ポンプの用途(家庭用、集合住宅用、商業用、工業用)と、必要な排水量を考慮することも重要です。使用電力の比較や効率の高いモデルを選ぶことで、運用コストの削減と長期的なパフォーマンスの向上が期待できます。

交換作業のステップ

排水ポンプの交換は、基本的には以下のステップで行います。排水槽の大きさにもよりますが、工事は概ね半日~一日で完了します。

  1. 電源を切る: 作業を始める前に必ず電源を切ります。工事完了までの間は、排水を流さないようにご協力をお願いしています。
  2. 古いポンプの取り外し:槽内の排水を汲み出します。続いて排水ラインと電源からポンプを切り離し、ポンプを取り外します。
  3. 新しいポンプの設置: 新しいポンプを正しい位置に設置します。
  4. 配管部材の適切な設置: 配管類とともに、代表的なものだとチャッキー弁(逆流防止弁)なども適切に設置します。
  5. テスト運転: 全ての設置が完了したら、電源を接続してポンプを起動し、正常に動作するかをテストします。

まとめ

正しい初期対応と、故障が発生した場合の修理や交換の判断、そして新しいポンプの選定と交換作業についてもご理解いただけたでしょうか。常に最良の状態で排水システムを維持しましょう。

水道修理お申し込みフォーム

  • この記事を書いた人
アバター

ミズのホットライン鈴木

年間訪問件数は約500件。水道緊急業界20年の経験があります。 関連保有資格は給水装置工事主任技術者、排水設備工事責任技術者、管工事施工管理技士など。ご相談は0120-861-688またはLINEから